fc2ブログ

ASHINO KOICHI +plus

彩書家・蘆野公一の日々のつれづれ

空腹のよすが 

2015/05/18
Mon. 04:02



夢を見た。

外から帰ってきた途端、急激にお腹が異常なほど空き始める。
ふらふらになりながら冷蔵庫を漁るも何もない。
がくがく震えながら外でおやつをもらったときにぽいと放り込んでおくバッグのポケットを漁るも何もない。
だんだん動けなくなってくる。
もうだめだ死ぬ、となったときにキッチンのシンクにある食器洗い用スポンジが目に入る。
これを食べるしかない。
熱湯で消毒して、ナイフとフォークを使っていただきました。



IMGP0947_20141201033700b65.jpg



現実に、バッグのポケットに入っていた貰いもののお菓子に救われたことは一度や二度ではない。


チャップリンの映画で、革靴を茹でて食べるシーンがあったなあ。


 

[edit]

CM: 0
TB: 0

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

page top

2023-06